馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神

【函館スプリントS】高松宮記念4着ダノンスマッシュ、秋のG1へ函館から逆襲だ!

実りの秋へとつながる走りを見せたいダノンスマッシュ
実りの秋へとつながる走りを見せたいダノンスマッシュ

◆第26回函館スプリントS・G3(6月16日・芝1200メートル、函館競馬場)

 今週15日から函館競馬が開幕する。その最初の重賞、第26回函館スプリントS・G3(16日)と、東京競馬場で行われる第24回ユニコーンS・G3(16日)の両制覇を狙うのが、現在34勝で全国リーディングトップに立つ安田隆行調教師(66)=栗東=。函館スプリントSのダノンスマッシュは秋のG1を見据えた再起戦、ユニコーンSのデュープロセスは5連勝に挑むダート界のスター候補だ。

 秋こそ短距離界の頂点に立つ。ダノンスマッシュが今週開幕する函館で、仕切り直しの一戦に臨む。「次につながるように、ここは確実にクリアしてほしいですね」と安田隆調教師。3つ目の重賞タイトル奪取へ力が入る。

 重賞2連勝で挑んだ前走の高松宮記念は、1番人気に支持されたが、4着に敗れた。内枠からスムーズに立ち回った馬が上位を独占した結果に「力を出してくれましたが、外枠(13番枠)が影響した部分もあったと思います」と、トレーナーに悲観の色はない。

 前走後は放牧に出て、先月26日に函館へ直接入厩した。今月6日の1週前追い切りは、新たにコンビを組む川田が騎乗。芝コースを5ハロン62秒3―11秒3のタイムで併走馬のフォレブルート(3歳1勝クラス)に追走先着と、調整は順調に進んでいる。

 全国リーディングを快走中の安田隆厩舎。34勝のうち実に13勝を、現役時代に管理した短距離王者ロードカナロアの産駒で挙げている。そのカナロア産駒のダノンスマッシュは、初の芝6ハロン投入となった昨年の函館日刊スポーツ杯(現3勝クラス)を完勝しており「あのレースは本当に強かったですから」と、洋芝適性にも自信を持つ。

 「使った後も順調なら、セントウルS(9月8日、阪神)からスプリンターズS(同29日、中山)へと考えています」と安田隆師。北の大地で勢いを取り戻し、実りの秋へと突き進む。(吉村 達)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請