BC富山が巨人に雪辱 二岡監督が古巣相手に勝利つかむ

会見する富山・二岡智宏監督
会見する富山・二岡智宏監督

◆BCリーグ交流戦 富山6-5巨人3軍(9日・富山市民)

 一塁ベースコーチズボックスで歓喜の瞬間を見届けると、富山・二岡智宏監督(43)は少しだけ笑顔を見せてベンチに戻った。交流戦2戦目で9回サヨナラ勝ち。前日(8日)の初戦は終盤に逆転負けを喫しただけに「よく追いついてひっくり返した」と選手たちをたたえた。

 初回、2回と1点ずつを奪うも、野手のエラーも絡んで5回に一挙4点を取られて逆転を許した。6、8回は下位打線が好機を作り徐々に追いつき、同点の9回は2死から内野安打と2四球で満塁。最後は助っ人・マクシーの左前打でサヨナラ勝利だ。「野手のエラーで失点して、取り返そうという気持ちでやってくれた。そこは良かったですね」とクールに振り返った。

 選手たちにとって、目の前の相手は目標のユニホームを身にまとっている。「自分もいつか」という思いがなければ、成長はない。2連戦を1勝1敗とタイに戻す粘りを見せたナインについて「気後れしたりとか、気負いすぎないようにやるのに難しさはあったと思う。うちの選手はおとなしいところがある。巨人のユニホームを見て、気持ちを高めてねばり強く攻撃できた」と評価した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請