【広島】接戦をしのぎ4戦ぶり勝利 ホークス戦の連敗も6でストップ

ソフトバンクに勝利して、タッチを交わす広島ナイン
ソフトバンクに勝利して、タッチを交わす広島ナイン

◆日本生命セ・パ交流戦 広島―ソフトバンク(9日・マツダスタジアム)

 広島が綱渡りの継投で逃げ切り、連敗を3で止めた。1点を追う4回に会沢の適時打と田中広の犠飛で逆転に成功。5回まで九里が何とか2失点でしのぐと、中村恭、一岡、レグナルト、フランスアのリリーフ陣が無失点でバトンをつないだ。

 4月29日のヤクルト戦(神宮)以来の先発となった九里は今季2勝目。「会沢さんが強気のリードで引っ張ってくれた。会沢さんのミットに向かって思いきって投げました」と振り返った。

 チームは昨秋の日本シリーズから6連敗していたホークスに一矢を報い、交流戦2勝目を挙げた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請