【巨人】加藤、支配下登録で背番号94に…育成の星「目標はトリプルスリー」

支配下登録され、「94」の背番号を披露した加藤脩平(カメラ・橋口 真)
支配下登録され、「94」の背番号を披露した加藤脩平(カメラ・橋口 真)

 巨人は9日、育成選手の加藤脩平外野手(20)を支配下選手登録すると正式に発表した。背番号は「002」から「94」となり、年俸は300万円から420万円(金額は推定)となる。

 東京ドームで記者会見が行われ、今村司顧問と2人で出席。今村顧問から「今日、新たな巨人の星が誕生しました」と紹介されると、冒頭で感謝を口にした。

 「ここまで育ててもらった両親、少年野球時代から携わってくれた監督、コーチ、スタッフのみなさんに感謝しています。それから私は寮生ですので、食事や掃除をしてくれるスタッフのみなさまに感謝しています。入団3年目ですが、ずっと支配下登録という目標を持ってやってきました。時にはつらい時も苦しい時もありましたが、1軍でプレーすることを夢見て一生懸命やってきました。ここで終わりではなく、スタートラインに立てたので、次は1軍で活躍できるよう日々精進していきたいと思います」

 高卒3年目の左打者で、今季は2軍公式戦43試合145打数41安打、打率2割8分3厘、4本塁打、17打点。5月31日に東京Dで1軍練習に参加して首脳陣に練習を披露し、視察した原監督が自ら支配下登録を希望して決まったという。5日のイースタン・日本ハム戦(G球場)では、1軍経験豊富な浦野から9回に同点2ランを放っていた。

 今年で育成契約3年目。育成選手は3年で一度、自由契約となる規約があるため“最終年”だった。

 「今年ダメだったら終わりだと思っていたので、今年にかける思いはすごく強かったですし、何とか食らいついて支配下にという気持ちが強かったので、今回すごくうれしかったです」

 目標の選手はチームの先輩の丸佳浩選手だという。

 「1月のオフに丸さんと一緒に練習させてもらって、体の使い方だったりバットの軌道であったり、配球だとか、いろんなお話をしていただいた。それを自分の中ですごくいいものにできています。セールスポイントはバッティングと肩だと思っているので、そこをアピールできたらと思います。将来は自分が尊敬している丸選手のようなバッターになりたいと思っています」

 入団当初、将来の目標として3割30本30盗塁の「トリプルスリー」を掲げていた。今もその夢は同じだ。

 「入団当初はトリプルスリーを目標にと思ってやってきたので、それを狙えるだけの選手に成長できるように頑張りたいです」

 ◆加藤 脩平(かとう・しゅうへい)1999年3月28日、静岡・富士市生まれ。20歳。田子浦中時代は蒲原シニアでプレー。磐田東高では1年春の県大会から出場。3番・エースとして出場した3年夏は静岡大会4回戦敗退。高校通算28本塁打。16年育成ドラフト2位で巨人入り。178センチ、79キロ。右投左打。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請