長谷直美、映画初主演に竜雷太ら「太陽にほえろ!」ファミリーが集結

映画「悪い女はよく稼ぐ」の初日舞台あいさつに出席した(左から)竜雷太、岡田プロデューサー、長谷直美、水口晴幸、西山浩司
映画「悪い女はよく稼ぐ」の初日舞台あいさつに出席した(左から)竜雷太、岡田プロデューサー、長谷直美、水口晴幸、西山浩司

 女優の長谷直美(63)らが8日、東京・新宿ケイズシネマで映画「悪い女はよく稼ぐ」(原隆仁監督)の初日舞台あいさつに出席した。

 同映画では長谷は悪を手玉に取る女地面師役を務める。初の映画主演に「楽しんでいってください」と笑顔。挿入歌も担当しており、「劇場では1000円で売ってるから買ってね」と宣伝も欠かさず行い、会場を笑わせた。

 今作は原隆仁監督(67)はドラマ「太陽にほえろ!」の脚本を担当したことがあり、長谷は「太陽―」に岩城令子(マミー)として出演。長谷の芸能生活45年で初の映画主演ということもあり、「太陽―」でゴリこと石塚誠役の竜雷太(76)も特別出演を快諾。「(長谷が)主演だから、何とか力になりたい」と男気を見せた。

 さらに西山浩司(58)、水口晴幸(66)といった「太陽―」メンバーが長谷の脇を固める。スペシャルアドバイザーは、「太陽―」の岡田晋吉プロデューサー(84)が務め、伝説のドラマファミリーが勢ぞろいで、ファンにはたまらない作品となっている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請