横浜2年生左腕・松本が自己最速タイ147キロ、7回無失点8K

尽誠学園戦で7回4安打無失点に抑えた横浜・松本
尽誠学園戦で7回4安打無失点に抑えた横浜・松本

◆香川県高野連招待試合 横浜14―0尽誠学園(8日・レクザムスタジアム)

 横浜(神奈川)の2年生左腕・松本隆之介が香川・高松市内で招待試合の尽誠学園戦に先発し、7回4安打無失点で8三振を奪い、自己最速タイの147キロをマークした。

 長身188センチからノーワインドアップで、しなやかに左腕を振り下ろした。3回2死では、この日2度目の147キロ直球で空振り三振。ナックルカーブ、スライダー、チェンジアップ、フォークなど多彩に織り交ぜ、5回までに3者連続を含む8Kを奪った。2年生投手で唯一、U―18W杯の高校日本代表1次候補に選ばれた左腕は「直球のキレがよくて、球の下をバットが通っていた。球速は自然にどんどん伸びていく。球の質を上げていこうと思っている」と涼しげに語った。

 夏の神奈川大会の組み合わせが決まり、初戦で寒川と横浜旭陵・相模向陽館の連合チームの勝者と対戦する。4年連続の夏の甲子園出場に向け、背番号11は「大事な試合を任される投手になりたい」と意欲を示した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請