テリー伊藤氏の兄、就労資格ない中国人を働かせた疑いで書類送検

この日も通常営業で、多くの人が訪れた「丸武」
この日も通常営業で、多くの人が訪れた「丸武」

 警視庁荏原署は7日、就労資格のない中国人を働かせていたとして、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、東京都中央区の築地場外市場にある卵焼き店「丸武」の伊藤光男社長(79)と同社を書類送検した。伊藤社長は演出家・テリー伊藤氏(69)の兄。

 書類送検容疑は2009年9月から今年3月までの約9年半もの間、不法滞在で就労資格がないと知りながら、中国人の男女2人を店舗で働かせた疑い。

 荏原署によると、伊藤社長は「オーバーステイであることはうすうす分かっていた」などと話している。署は今年3月、この中国人2人を入管難民法違反(不法残留など)の疑いで逮捕し、4月に丸武を家宅捜索していた。

 「丸武」は大正末期の創業で、テリー氏の祖父の代から80年続く名店。伊藤社長はテリー氏がレギュラー出演しているテレビ番組に「アニー伊藤」の通称で出演もしていた。

 この日、同店の従業員はスポーツ報知の取材に「いまは責任者がいないからお話しできない。我々も詳しいことは分からない」と困惑。周辺の店舗の女性店員は「築地場外市場で中国人を雇っている店は結構ある。大きな店じゃないと、在留資格が本当かどうかチェックしきれないのでは」と話していた。

社会

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請