生駒、投打かみ合って連覇達成…第26回生石ボーイズ大会

生駒の先発・内藤は7回1失点と好投
生駒の先発・内藤は7回1失点と好投

◆第26回生石ボーイズ大会 ◇中学生の部▽決勝 生駒ボーイズ7―1京都洛北ボーイズ(1、2日・五色台球場ほか)

 「第26回生石ボーイズ大会」は生駒ボーイズ(奈良県支部)が京都洛北ボーイズ(京都府支部)を下し大会連覇を達成した。

 生駒打線が本領を発揮したのは、同点で迎えた5回だった。1死二塁から井上が「コンパクトに行こうと思い、真っすぐをしっかり打てた」と右前へ勝ち越し打。なおも2死二、三塁から川人が左越えへ2点打を放ち、この回3点を奪った。

 勢いに乗った打線は、6回にも山口の2点打と寺川の適時打で3得点。一気に試合を決めた。

 投げては、先発の内藤が1安打完投勝利。2回に本塁打を打たれたが「打たして取るイメージであっと言う間の7回だった。いいテンポだった」と守備からリズムをつくった。終わってみれば“横綱野球”で、生石大会4度目のVを飾った。

 準決勝も植村、近藤の2本の満塁本塁打などで5回コールド勝ち。大事な奈良県支部予選を前に、打線は絶好調だ。寺川主将は「投打がかみ合い優勝できた。この勢いで選手権予選に臨み、何としても勝ちたい」と言葉に力を込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請