馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 小倉 札幌

千二が熱い(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は金曜恒例、梅田の会社からのパッチパチ。朝、会社へ向かう時、阪神競馬場の近くにある自宅周辺は結構な量の雨が…。この雨、一日降るそうで、やっぱり、阪神で良馬場は無理っぽいかな…。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、世間をアッと言わせた南海キャンディーズの「山ちゃん」こと山里亮太さんと、蒼井優さんの入籍のニュース。トレセンでも芸能関係では久々に、このニュースが色んなところで話題になっていましたね。まぁ、確かに衝撃はすごかった。ワタクシもアラームをセットしていた午前4時半頃、ほとんど脳が機能していなかったんですが、この一報を報じるニュースに驚き、最近にはないほどの意識がはっきりとした目覚め。何よりも強力な目覚ましでした。

 そういえば、山本という名字ですが、今まで生きてきた中で「山ちゃん」と呼ばれたことは一度もない。前にも書きましたが、ヤマタケと呼ばれるのは恐らく、競馬の方々だけ。プライベートでは「タケシ」「タケシさん」など下の名前が多く、学生の頃に「山さん」って呼ばれたことがあった程度。そういえば、亡くなったオトンもよく「山ちゃん」と呼ばれていたような。なぜ、ワタクシだけ「山ちゃん」歴がないのか。まっ、呼び名なんて、周りの方が決めてくれるものですが…。

 ということで、どーでもいい話題はほどほどに、ここからはヤマタケ記者として、そろそろ本題へ。まずは明日の競馬ですかね。阪神5Rで新馬が行われます。まずは池添学厩舎の【ミーアシャム(牝、父キンシャサノキセキ、母ダークサファイア)】ですね。こちらは上にサフィロス、ローガンサファイアなどを持つ、早くから走れる血筋ですよね。「新馬向きという感じの馬ですね。スピードはありそうですし、前向きさもあります」と池添学調教師は話します。ただ、その後に「ここは他にも動いている馬、いますもんね」と慎重な見立て。そう、このレースは調教でいい時計が出ている馬が多い。

 その他の馬の話題に移る前に、池添学厩舎といえば、阪神最終週の芝1800メートルで注目の【シルヴェリオ(牡、父ハーツクライ、母シルヴァースカヤ)】がデビューします。今週はルメールJの騎乗で追い切りが行われました。「楽に動けていたし、よかったと思います」とトレーナー。現時点での「武器」について聞いてみると、「まだ、トモなんかは緩いんですが、その中でも乗り味はいいし、背中やフットワークがいい。ポテンシャルが高いんだと思います。当然、完成は先ですが、今でもへこたれずに調教もこなし、馬も元気ですから」と言葉の端々から高い素質を感じていることが伝わってくるんですよね。素質馬がそろう、阪神最終週の芝1800メートル。その中で中心的な存在は、やはりこの馬かな。

 話を阪神5Rに戻しましょう。続いては寺島厩舎の【エアリーフローラ(牝、父エピファネイア、母パッシフローラ)】ですね。寺島厩舎は昨年、この阪神開催でシングルアップがデビュー勝ちを飾っています。こちらは馬体が400キロないほどの小柄な馬。ただ、しっかりと時計は出ているんですよね。「牧場から『しっかりしている』と聞いてましたが、確かに中身はすごく完成されている馬です。今週もジョッキーが『コントロールが利く』と言ってくれましたし、態勢は整っているとと思います」とトレーナーは口にしていました。

 オッと、寺島厩舎絡みでもPOG情報を一つ。「いいと思うんです」と寺島調教師が手応えを感じているのが、すでにゲート試験に合格している【ヴァルナ(牡、父エピファネイア、母アリデッド)】。「見た目もいいですし、ゲート(試験)の時に走りを横で見てましたけど、よかったですよ。雰囲気を持っています」とのことで、中京最終週の芝マイルか芝2000メートルを視野に入れているようです。

 またまた、話を阪神5Rに戻しましょう。安田隆厩舎も2歳馬の初陣を迎えます。【ロードクラージュ(牡、父ロードカナロア、母レディルージュ)】は父母ともに安田隆厩舎にいた、厩舎ゆかりの血統馬です。調教では非常にいい時計が出ているんですが、安田隆調教師は「まだ、馬っ気を出したり、幼い面があるんです。攻め馬は動きますが、レースにいってどうかですね」と。元々、2歳馬のジャッジに関しては慎重なタイプですし、「センセイ、強かったですやん」とレース後に笑顔で話しかけることもたびたびある人。まずは明日のレースぶりに注目ですね。

 安田隆厩舎のPOG情報も少しだけ触れておきましょう。早い時期から入厩していた【レッドヴェイパー(牝、父キンシャサノキセキ、母レジェンドトレイル)】は函館初日の芝1000メートルを北村友Jで予定。すでに現地へ移動しています。ゲート試験に合格している【アージオン(牝、父ロードカナロア、母インナーアージ)】は中京開幕週の芝マイル(牝馬限定)を目標に調整を進めていくとのこと。MデムーロJとのコンビになります。「まだまだ、馬体の成長はほしい小柄な馬ですが、走りはいいですよ」とのことです。

 さらに、速攻系として期待していた【ユアソーラー(牡、父キンシャサノキセキ、母ヴィリエルバクル)】はまだ入厩していませんが、順調なら小倉1、2週目あたりでのデビューを予定しているとのこと。新馬V→小倉2歳Sなんて流れになれば理想的ですけどね。あと、春先の取材会で評価の高かった【ダノンアレー(牡、父ディープインパクト、母シスタリーラヴ)】は近日中に栗東へ入ってくるようですよ。

 ということで、ネット限定「厳選馬」でございます。

阪神7R・テオレーマ(前走の騎乗時に浜中Jが素質を高く買っていた馬。前走は流れが厳しかったが、叩き2走目でアッサリがあっても)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

阪神4R・7フェアリープール(調教に騎乗した鮫島駿Jが「当日の落ち着き次第ですが、いい馬です」と好感触。松下調教師も期待を持っている)

阪神9R・5ディスモーメント(ここは楽に先手を奪えるか。タフな前走から一転、先行利が見込める)

阪神10R・11マリエラ(先行激化必至。距離延長も魅力で、外から脚を伸ばす)

東京11R・17トライン(休養明けで仕上がり途上だった前走の勝ちっぷり圧巻。昇級戦、骨っぽい相手でも即通用)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請