フジ幹部、RIZINの那須川KOシーン放送できず謝罪「決定的場面をCMでお届けできなかった」

那須川天心
那須川天心

 フジテレビの定例社長会見が7日、東京・台場の本社で開かれた。

 2日に同局が生中継した格闘技イベント「RIZIN16」の那須川天心―マーティン・ブランコ戦の第2ラウンド途中でCMが入り、那須川が1回目のダウンを奪った瞬間が放送されなかったことについて、編成担当の石原隆取締役は「ダウンのシーン、決定的シーンをCMでお届けできなかった。楽しみにしていた視聴者の皆様に申し訳ないと思っています」とまず謝罪。

 その上で「生で3試合放送するというトライは良かったが、準備中のやり取りがうまくいかず、視聴者にご迷惑をかけた。スポーツ番組のCMの入れ方は難しいが、もっと慎重にあるべきだと思っています」と反省。「今回、外国選手の出血の際、CMを入れるという打ち合わせは主催者側とできていて、その打ち合わせ通りにCMを入れたが、圧倒的に早い展開となってしまいました。その点については反省しております」と改めて謝罪した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請