【広島】西川、連続試合安打「27」で止まった…連続勝ち越しも9で終止符

6回、空振り三振に倒れた広島・西川
6回、空振り三振に倒れた広島・西川

◆日本生命セ・パ交流戦 西武9―2広島(6日・メットライフドーム)

 広島の西川龍馬内野手(24)が3打数無安打に終わり、連続試合安打は「27」で止まった。チーム単独2位、セ・リーグ6位タイ、プロ野球11位タイの記録だった。

 西川は1点を先制した初回1死二、三塁で右犠飛。「チャンスだったので思い切っていきました。なんとかランナーをかえすことができてよかったです」と話していた。しかし2打席目以降は三ゴロ、空振り三振、左飛。5月1日の阪神戦(甲子園)から続いていた連続試合安打はストップし、令和に改元して初の無安打となった。

 チームも西武打線に5本塁打を浴びる大敗。このカード1勝2敗となり、10カードぶりの負け越し。4月30日からの阪神戦(甲子園)で1勝2敗(●●○)と負け越して以降、5月3日からの巨人3連戦(マツダ)から続いていた連続勝ち越しは

巨人(○○△)中日(○●○)DeNA(●○○)ヤクルト(○○)阪神(○○○)中日(○○)巨人(○○●)ヤクルト(○○○)阪神(○○●)西武(●○●)

 9カードで止まった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請