星稜・林監督の復帰が決定 2か月ぶりにグラウンドへ

スポーツ報知
監督として復帰することが決まった星稜・林監督

 今春センバツで対戦相手のサイン盗みを疑って抗議した一連の言動を問題視され、学校から指導禁止処分を受けていた星稜の林和成監督(43)が、5日から監督業務に復帰することが正式に決まった。学校が5日、指導禁止解除を発表した。林監督は4月5日以降指導しておらず、2か月ぶりにグラウンドでナインを指導する。

 林監督は3月28日のセンバツ2回戦の習志野(千葉)戦で1―3で敗れた後、サイン盗みを疑い習志野の控室へ向かい抗議。学校は、林監督がその後も無断で週刊誌の取材に無断で応じたことなど、一連の言動を問題視。学校は4月4日に調査委員会を設置し、同12日に山下智将部長(37)とともに懲戒処分とすることを決め、同15日に林監督に対し春季北信越大会が終了する6月4日まで野球部の指導を禁止することを発表していた。

 学校によると、指導禁止期間中に鍋谷正二校長が林監督と何度も面談。「一連の言動の誤りと至らなさを深く反省している」などとして、「同じ過ちを犯さないよう申し伝え」た上で監督復帰を判断したという。

 林監督不在の間、山下部長が「監督」として指揮を執り、4日には春季北信越大会で4連覇を達成した。山瀬慎之助主将(3年)を中心に「こういう時こそ、自分たちでどうしたら勝てるのかを考えたい」とナインがまとまり、エースの奥川恭伸(3年)も「夏が終わった後にプラスだったと思えるよう、この(林監督不在の)期間を大事にしたい」と話していた。5日から、林監督のもとで夏の「全国制覇」へ向けて再始動する。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請