羽生善治九段、単独最多1434勝…大山十五世名人超え「ひとつ先に行けたのは大変ありがたいこと」

歴代単独最多となる通算1434勝の達成し、会見に臨む羽生善治九段
歴代単独最多となる通算1434勝の達成し、会見に臨む羽生善治九段

 将棋の羽生善治九段(48)が4日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第60期王位戦挑戦者決定リーグ白組プレーオフで永瀬拓矢叡王(26)に先手番の133手で勝ち、歴代単独最多となる公式戦通算1434勝(591敗、勝率・708)の新記録を樹立した。故・大山康晴十五世名人(1992年死去)の記録を27年ぶりに塗り替える偉業。JRA歴代最多の通算4070勝(4日現在)の武豊騎手(50)=栗東・フリー=が祝福の言葉を贈り、大山十五世名人の長女・松崎桂子さん(65)は心境を語った。

 報道陣が対局室に殺到すると、羽生は不思議そうな顔をした。記録達成について問われ、初めて我に返った。「今年に入ってからはひとつの大きな目標でしたので、きょう達成できて非常にうれしく思います」。1434回目の白星を、いつもと同じように静かに受け入れた。

 最強の一角を破っての節目となった。永瀬叡王は先に入室し、大先輩に敬意を払って下座へ。無冠の羽生は永瀬を上座を促して対局を始めたが、盤上では鬼になった。過去3勝7敗と苦戦していた新タイトルホルダーを周到な序盤研究でリード。若手相手にも現代将棋の最先端で真っ向勝負するスタイルを本局でも貫いた。

 大山十五世名人が現役52年、69歳3か月で到達した記録をデビュー33年5か月、48歳8か月で超えた。「大山先生の時代とは棋戦数も時代背景も違うので比較は難しいですが、数字の上でひとつ先に行けたのは棋士として大変ありがたいことだと思います」

 豊島将之王位(29)への挑戦権を懸け、6日に木村一基九段(45)との挑戦者決定戦に臨む。「ひのき舞台に出られるように頑張っていきたい」。次に目指すのは一昨年奪われた王位を奪還してのタイトル通算100期。大一番になる。

 今年、半生が伝記になり、ヘレン・ケラーや野口英世ら世界の偉人と並んで本棚に並ぶようになった。足跡は既に偉大だが、まだ48歳だ。新しい伝説を記す空白のページは残されている。(北野 新太)

 ◆羽生九段が今後更新する可能性がある記録(肩書は当時)

 ▽通算対局数 加藤一二三九段の2505局。現在の羽生は2027局。

 ▽通算・連続A級在位 大山十五世名人の通算・連続44期(名人在位期含む)。現在の羽生は通算・連続28期。

 ▽最年長タイトル挑戦 大山十五世名人の66歳11か月(1989年度棋王戦で南芳一棋王に挑戦)。

 ▽最年長タイトル獲得 大山十五世名人の56歳11か月(81年度王将戦で中原誠2冠の挑戦を退けて防衛)。

 ▽最年長名人 米長邦雄名人の49歳11か月(93年度名人戦で中原誠名人に挑戦して奪取)。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請