【広島】メットライフ名物の階段にナイン悲鳴 唯一涼しい顔だったのは誰?

広島・小窪
広島・小窪

◆日本生命セ・パ交流戦 西武―広島(4日・メットライフドーム)

 広島ナインが2017年の交流戦以来、2年ぶりに体験した“メットライフ名物”にうんざりしていた。球場入口から一塁ダッグアウトまで計百数十段の階段を降りないとたどり着かないが、これは12球団の本拠地球場でも最高の“難所”とされる。

 小窪哲也内野手(34)は商売道具の入ったキャリーバッグを右腕でつり上げながら歩き「ええ筋トレになりますわ」と滝のような汗。ただし階段を降りきったところで右上腕にたまった乳酸が限界を超えたのか、一度、荷物を下に置いて持ち替えようとした。すると小窪に合わせて後続の歩みも強制ストップ。階段の上部からは「うわ~。止まらないで~」とうめき声が漏れてきた。

 昨オフに左膝の手術を受けている佐々岡真司投手コーチ(51)も慎重に階段を降りていた。ようやくダッグアウトにたどり着くと「問題は上りだな―」。この昇降が3日続くことに戦々恐々としていた。

 そんな中、余裕の笑みを浮かべていたのは、昨オフに楽天から移籍した菊池保則投手(29)だ。キャリーバッグを腕でつり上げるのではなく、ハンドルを後ろ手に持ちつつ、キャスターを階段にゴツンゴツンとぶつけながら滑り下ろしていた。壊れるんじゃないかと心配になるほど派手な音を立てていたが「慣れてますんで」。マウンド上ではビッチャビチャにかく汗がトレードマークだが、涼しい顔でロッカールームへと消えていった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請