【日本ハム】吉田輝MAX146キロ 2回に5失点

スポーツ報知
日本ハムの吉田輝星投手

◆イースタン・リーグ 巨人―日本ハム(4日・G球場)

 日本ハム・吉田輝星投手(18)が、2軍巨人戦に先発し、2回に5点を失った。巨人打線は1番・田中俊、2番・石川、5番・中島という強力打線。田中俊を左邪飛に抑えたが、続く石川には右翼線安打を打たれた。3番・山下航は145キロの直球で三ゴロ併殺打に仕留めて無失点で切り抜けた。全9球、直球で押す投球だった。

 1軍昇格に向けて状態の良さをアピールしたかったが、2回に乱れた。北村、中島に連続四球を与え無死一、二塁で加藤に右中間フェンス直撃の適時二塁打を許すと、二、三塁から田中貴に中前2点打を浴びた。さらに1死一塁で松原に右翼フェンス越えの2ランを食らって5失点となった。

 ドラフト1位投手の登板とあって、試合前から入場待ちの列ができるほどで、開門と同時に吉田輝目当ての女性ファンがダッシュで席取りする場面も見られた。スタメン発表で吉田輝の名前がアナウンスされると、黄色い声援が飛んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請