今平周吾、残り2つのメジャーで結果を出すための進化

今平周吾
今平周吾

 2日に閉幕した国内男子プロゴルフツアーのミズノオープン(茨城・ザ・ロイヤルGC)で、昨季賞金王の今平周吾(26)=フリー=は今季6戦で3度目のトップ10となる9位で終えた。

 総距離8016ヤード(うち3日間は実測7600ヤード台)のロングコースで行われ、「距離的には海外に近く、メジャーに向けていい機会」と捉えていた。普段はバッグに2本入れている60度ウェッジを一本抜いて、3ウッドを投入するなど対策を講じた。2日目に67をマークして首位に立ったが、決勝ラウンドで77、74とスコアを崩し、最終日の後は「後半にショットが乱れた。グリーンも硬くて難しかった。来週に向けて頑張ります」と気持ちを切り替えた。

 海外メジャーにはこれまで5度出場しているが、今季のマスターズ(4月)、全米プロ(5月)を含め全て予選落ちしている。出場権を持つ6月の全米オープン(13~16日、カリフォルニア州ペブルビーチGL)、7月の全英オープン(18~21日、ロイヤル・ポートラッシュGC)を間近に控え、4か月連続で日本と海外を往復しながら戦いを続けている。

 今平はメジャーについて「行くたびにいろいろと経験して足りないところ、課題が見える。それらを日本に戻ってから一つ一つ消していきたい。初めのうちは予選通過できなくて、『(向こうの選手は)身長でかいし…』とか思っていたけど、何度か行くと自分と同じような飛距離の選手もいて、『戦えるのかな』と思った」と語っている。それらの選手と自分自身との違いを「思い切りの良さやショートゲームの精度」と分析し、日々成長を目指している。

 昨年、歴代選手の中で最小の身長165センチで賞金王となり、現在のドライバーの飛距離は約290ヤード。4月のマスターズ後に「来年までに飛距離を10ヤード伸ばしたい」と目標を掲げた。肉類を中心とした食事とトレーニングでパワーアップに取り組み、5月の全米プロ前には「マスターズ後から体重は約2キロ増えている」と明かした。「ウェアも去年よりサイズが大きくなっている」。2月のグアム合宿で体を追い込んだ成果が出ているようだ。

 一方で、2日間で戦いを終えた全米プロの試合後は「海外でずっとプレーしていて、その流れでメジャーに出たらまた違うかもしれないけど。日本でプレーしながら海外に来て、すぐにコースに順応するのは難しい」とも語り、スポット参戦の大変さも実感していた。

 増量や飛距離アップに時間がかかることは本人も分かっている。ただ、今ある「差」を埋めようと悔しさを糧に、前を向いて進んでいることは確かである。「メジャーで4日間戦いたい」。予選通過、上位、優勝争いと小さなゴルファーが一歩一歩、進化していく姿を日本のゴルフファンは楽しみにしている。

(岩原 正幸)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

ゴルフ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請