「3代目・山の神」神野大地、残り5キロで「サヨナラ満弾」…MGC出場選手決定

MGC出場選手発表会見に出席した(左から)野口みずきさん、神野大地、瀬古利彦氏、高橋尚子さん
MGC出場選手発表会見に出席した(左から)野口みずきさん、神野大地、瀬古利彦氏、高橋尚子さん
男女のMGC出場選手
男女のMGC出場選手

 2020年東京五輪マラソン代表選考会MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)出場選手発表会見が3日、都内で行われた。今秋のドーハ世界陸上代表6人を除く男子31人、女子12人がエントリー。会見に出席した箱根駅伝「3代目・山の神」神野大地(25)=セルソース=は残り5キロから始まる得意の上り坂での大逆転を誓った。

 大勝負に出る。神野は「勝機はそこしかない。諦めなければ、大逆転もある」と37キロ以降の走りに自信を見せた。四谷付近から明治神宮外苑のゴールまでは、残り約5キロで約30メートルを駆け上がる坂が待ち受ける。「そこで先頭と30秒から1分の差なら(逆転の)可能性はある」と力強く話した。

 日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(62)は「30秒差からの逆転はきついかな」と言いつつ、「神野君に合っているコース。山や上り坂が好きな人は自信を持って臨める」と語った。ペースメーカー不在、国内トップ級が集うレース。「展開は読めません! 神のみぞ知る、ですね」と“瀬古節”も飛び出した。

 代表3枠中2人が決まる大一番。プロ野球・ヤクルトの大ファンである神野は「最後はサヨナラ満塁ホームランを打ちたい」。連敗を16で止めたツバメ軍団に負けない粘りで日本代表へと駆け上がる。(太田 涼)

 ◆東京五輪メダル向け支援

 MGC後の準備も進んでいる。代表内定者2人は9月25日から、最終調整合宿地でもある北海道・千歳でキックオフ合宿を行い、以降も月に1回以上のミーティングで連携を密にする。状態の確認も兼ね、五輪までにハーフマラソン以上のレースに1本以上出場することも必須に。河野匡・長距離マラソン・ディレクター(58)は「MGCに100%の状態で臨んでもらった上で、東京五輪でメダルを獲得するための準備が必要」と話した。

 ◆2局体制で中継

 MGCの男子はTBS、女子はNHKの2局体制で中継される。TBSでスペシャルキャスターを務める00年シドニー五輪金メダルの高橋尚子さん(47)は「五輪選考レースは、通ったことも落ちたこともある身。その経験も生かしながら、臨場感のあるように伝えたい」。NHKで解説する04年アテネ五輪女王の野口みずきさん(40)も「選手目線で、皆さんに分かりやすい解説ができるように努めていきたい」と話した。

MGC出場選手発表会見に出席した(左から)野口みずきさん、神野大地、瀬古利彦氏、高橋尚子さん
男女のMGC出場選手
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請