高須院長、松本人志「凶悪犯罪者は人として不良品」ツイートに賛同「サイコパス遺伝子を持った個体が…」

高須克弥院長
高須克弥院長

 高須クリニックの高須克弥院長(74)が3日、自身のツイッターを更新。ダウンタウン・松本人志(55)がツイッターで「凶悪犯罪者は人として不良品」とつぶやいたことに賛同した。

 松本は2日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で川崎の20人殺傷事件についてコメント。岩崎隆一容疑者が犯行後に自殺したことに「人間が産まれてくる上で不良品って何万個に1個絶対これはしょうがないと思うんですね。それを何十万個、何百万個にひとつぐらいは減らすことはできるのかなって、みんなの努力で」と示した上で「正直、ボクはこういう人たちはいますから絶対数。その人たち同士でやりあって欲しいですよね」と指摘した。

 その後に自身のツイッターを更新し「凶悪犯罪者は人として不良品。ひきこもりが不良品?誰の意見?」とつぶやいた。

 松本の発言が反響を呼ぶ中、高須院長は松本の発言に関するネット記事をツイッターに貼り付けた上で「松本人志さんのおっしゃるどおりだと思います(原文ママ)」と同意。「サイコパス遺伝子を持った個体ができるのは人間以外の生物でも見られます。突然仲間を殺傷し始めます」と見解を示していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請