【東都大学準硬式野球】専大が大勝

スポーツ報知
3安打を放ち勝利に貢献した専大・濱田

 ◆第2回アルシスコーポレーションカレッジベースボールカップ 東都大学準硬式野球 THE ROOKIE TOURNAMENT1回戦 専大(1部)10―3国学院大(2部)(1日・ダイワハウススタジアム八王子)

 序盤の大量得点で試合を優位に進めた専大が大勝し、2回戦へ進んだ。初回、濱田麟太郎(1年=高知商)の右前打で好機をつくると、高野良輔(2年=滝川二)の中前適時打などで4点を先制。3回には5安打を集めて4点を加え、5回にも濱田の適時三塁打などで2点を加えてリードを広げた。国学院大は8回、代打・伊藤喜和(2年=国学院栃木)の2点適時打で追い上げるも序盤の失点が響いた。

 昨年から始まったこの大会は東都大学準硬式連盟春季リーグ戦の1部6校、2部6校の計12校が参加し、1、2年生のみが出場。トーナメントで優勝を争う。

 専大・濱田麟太郎「自分たちの持ち味が出た試合だったと思います。次戦も自分たちの野球ができるように頑張ります」

3安打を放ち勝利に貢献した専大・濱田

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×