【阪神】糸井&福留の両輪欠き首位攻防戦に完敗 広島戦6連敗でゲーム差は5に…

スポーツ報知
今季初欠場でベンチから試合を見る糸井

◆広島7―2阪神(1日・マツダ)

 阪神は投打で主導権を握れず、首位攻防戦に連敗。対広島6連敗でゲーム差は5に開き、4カードぶりの負け越しも決まった。

 打線は糸井がコンディションを考慮して今季初の欠場。右ふくらはぎの筋挫傷で登録抹消された福留と主力2人を欠く中で、マルテを3番に据えた。そのマルテは初回2死から5試合連続安打となる左越え二塁打を放つと、6回1死一、二塁では初球を左前適時打とした。それでも、チームの敗戦に「勝たないと意味がない」と表情は厳しかった。

 糸井について、矢野監督は「明日いく(出場する)よとか、どうっていうのはちょっと言える感じじゃないかな」と話すにとどめた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請