【日本ハム】大田が起死回生の同点3ラン「大事なところで1本打てて良かった」

スポーツ報知
9回無死一、二塁、大田は同点3ランを放ちナインに迎えられる(カメラ・小梶 亮一)

◆オリックス―日本ハム(1日・京セラドーム大阪)

 日本ハムの大田泰示外野手(28)が1日、オリックス戦に「2番・右翼」で先発出場。3点を追う9回無死一、二塁で、オリックス守護神の増井から中越えの9号同点3ランをたたきこんだ。

 カウント2ボールから真ん中低めの147キロを強振し、バックスクリーン左へと運び「集中して打席に入ることができましたし、大事なところで1本打てて良かったです」。この日は第1打席で右前安打、第3打席でも左前安打を放っており、9回の一発で今季8度目の猛打賞も記録した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×