【楽天】ブラッシュの16号2ランなどで初回にいきなり4点先取「いい流れに乗ろうと思っていた」

スポーツ報知
1回2死一塁、左越え2ランを放ち、銀次(右)とハイタッチするブラッシュ

◆ソフトバンク―楽天(1日・ヤフオクD)

 楽天が、ジャバリ・ブラッシュ外野手(29)の16号2ランなどで初回にいきなり4点を先取した。ソフトバンクの先発・高橋礼の立ち上がりを攻め、無死一、二塁から3番・浅村が左前適時打を放ち、先制。ウィーラーの遊ゴロ併殺打で2死三塁となったが、続く銀次が二塁に適時内野安打。さらにブラッシュが真ん中低めのスライダーを捉え、左翼席上段にライナーで飛び込む超特大弾を放った。

 先制打の浅村は「先制のチャンスだったので、ランナーをかえすことだけを考えてました。自分の仕事ができて良かったです」とコメント。ブラッシュは「初回からいい流れで回ってきたからね。自分もその流れに乗ろうと思っていたよ。一発で仕留められたし、岸の援護ができて良かったよ」と笑顔を見せた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×