拉致被害者家族の蓮池透氏、山本太郎参院議員の「れいわ新選組」から国政挑戦

「れいわ新選組」の公認候補者となった蓮池透氏(右)と山本太郎代表
「れいわ新選組」の公認候補者となった蓮池透氏(右)と山本太郎代表

 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)の元副代表・蓮池透氏(64)が、山本太郎参院議員(44)が代表を務める政治団体「れいわ新選組」の公認候補者として、国政選挙に立候補することが31日、発表された。

 蓮池氏によると、2011年の東日本大震災後に、当時俳優だった山本氏がテレビ番組で福島県郡山市を訪問した際に初めて会い、山本氏が参院議員になった後も反原発の運動などで交流があったという。山本氏が1週間ほど前に、蓮池氏の住む新潟県柏崎市を訪問。山本氏は「本気の大人、骨のある人を候補者として考える中で、頭に浮かんだのが蓮池さんでした。『力を貸してくださいませんか。日本を救ってください』とお願いしました」と説明した。

 過去にも、政治の世界からの誘いを受けたことがあったことを明かした蓮池氏は「これまでは(自分の)名前が多少知れ渡っているということで、『利用されているのかな?』と感じることがあった」という。その中で、今回山本氏の要請を受けたことについて「今回の太郎さんは違うと思いました。太郎さんほど機動力があって、神出鬼没な政治家はいない。リスペクトできる方です」とした。

 現在、国政は衆参ダブル選挙となるかどうか、様々な臆測が流れている。蓮池氏がどのような形で出馬するかについて、山本氏は「政治はライブですから。どのような状況になるかも決まっておりませんし、ギリギリまでどこで出るかは調整をしていきたい」とした。ただ、「全国的に蓮池氏は知名度が高いので」(山本氏)と、参院選の比例代表の候補者を視野に入れている様子だった。

社会

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請