羽生善治九段、戦型は横歩取りへ 歴代単独最多の通算1434勝を目指す

歴代単独最多1434勝に向けて2手目を指す羽生善治九段
歴代単独最多1434勝に向けて2手目を指す羽生善治九段

 将棋の羽生善治九段(48)が歴代単独最多となる公式戦通算1434勝を目指す第32期竜王戦1組3位決定戦・木村一基九段(45)戦が30日午前10時、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。 振り駒の結果、と金が5枚出て、羽生九段は後手番に。戦型は横歩取りに進んでいる。飛車角が激しく動き、急戦になりやすい。

 羽生九段は23日の第60期王位戦挑戦者決定リーグ白組最終5回戦で谷川浩司九段(57)に勝ち、故・大山康晴十五世名人(1992年逝去)と並ぶ公式戦通算1433勝(590敗、勝率・708)を挙げていた。本局に勝利すると歴代単独最多勝となる。

 対する木村九段は、上位10人のみで構成される順位戦A級に在籍するトップ棋士でディフェンシブな「受け」の棋風で「千駄ヶ谷の受け師」の異名がある。普段からともに研究会を行っている間柄でもある。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請