立川志らく、川崎襲撃事件で岩崎隆一容疑者へ「ひとりで死んでくれ!」の真意をツイート「子供の命を奪った悪魔に対し普通の人間の感情だ」

立川志らく
立川志らく

 落語家の立川志らくが29日、自身のツイッターを更新。川崎の襲撃事件で28日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)で岩崎隆一容疑者へ「死にたいなら一人で死んでくれよって、そういう人は。何で弱い子供のところに飛び込んでんだって。信じられないですね」と語ったことへの真意をつづった。

 志らくは「学校に行こうとしていた子供の命を奪った悪魔に対し、子供を巻き込むな!ひとりで死んでくれ!の言葉は普通の人間の感情だ。この怒りをどこにぶつければいい!この言葉が次の悪魔を産むから言うな?被害者の前で言えるのか。何故悪魔の立場になって考えないといけないんだ?でもそれが真実なら謝ります」と記した。

 さらに連続ツイートし「私が教育者だったり心理学者だったり政治家だったらこんな発言は駄目だと思う。でも落語家だ。人情の機微を表現する事が仕事。被害にあったお子さんその親御さんの心情を察するとどうしたってあの悪魔に、これから悪魔になろうとしている奴はにそう言いたい。でも本当に悪魔を産む言葉ならもう言わない」と明かした。

 さらに「川崎殺傷事件「死にたいなら一人で死ぬべき」という非難は控えてほしい」とのネットニュースを貼りつけ「でも日本中の幼い子供を持っている、愛している親のほとんどは、死にたいならひとりで死ぬべきとおもっています。その気持ちをその怒りをぶつける事が悪い事なのか。ましてや非難されるべきなのか。本当に悪魔を生みだす言葉だとしたら二度と言いませんが」とこの意見に対する持論を展開した。

 最後に「芝居の公演中、ましてや初日が終わって良い気分だったが、こと子供の話だからどうしても言っておきたかった。頼むから、もう二度とこんな事件、起きないでください」と訴えていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請