【広島】大瀬良がハーラートップタイの5勝目 同一カード11連勝の球団記録「一人、一人集中して投げられた」

力投する大瀬良
力投する大瀬良

◆ヤクルト―広島(29日・神宮球場)

 広島・大瀬良大地投手(27)が7回3失点と粘りの投球を見せ、ハーラートップタイの5勝目を挙げた。ヤクルト戦はこれでデビュー以来、11勝無敗となり、同一カード連勝の球団新記録を樹立。「初回に一発を打たれたけど、会沢さんがうまくリードしてくれた」と感謝した。

 初回にいきなり村上に3ランを浴びたものの、その後は見事に修正した。バットでも先頭の5回に三遊間を破るヒットで出塁。三塁に進んだ後、29分間の中断に見舞われたが、鈴木の二塁打で同点のホームを踏み、その後も無失点投球を続けた。

 これまで球団の同一カード連勝記録は1995~97年の山内(対巨人戦)の10連勝だった。チームも球団記録に並ぶ月間18勝となり、両リーグ最速の30勝に到達した。「一人、一人集中して投げられたことが良かったです」と振り返っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請