【広島】今季最多の16安打8得点で乱打戦制す 球団記録に迫る月間17勝

スポーツ報知
2回に5号ソロを放つ広島・会沢。8回にも6号ソロで貴重な追加点をたたき出した

◆ヤクルト7―8広島(28日・神宮球場)

 広島打線が先発野手全員、今季最多となる16安打の猛攻で8点を奪い、乱打戦を制した。

 1点ビハインドの2回1死、会沢がバックスクリーンに飛び込む5号ソロを放った。選手会長の一発で追いつくと、3回には打者9人、5安打、3得点で一気に勝ち越し、4回にも3得点。1点差に追いつかれた後、8回1死で会沢が再び中堅左に6号ソロを放り込んだ。

 会沢は17年9月3日のヤクルト戦(神宮)以来となる1試合2発。「後ろにつなぐ気持ちでいきました。上からしっかりたたくことができた」と手応えを口にした。

 チームは26日の巨人戦(東京D)に敗れ、破竹の11連勝が止まったものの、連敗を喫することなく、再び白星を挙げた。今月17勝目で、球団の月間勝利記録にあと1と迫った。貯金も最多タイの10に戻し、2位・巨人とのゲーム差を2・5に広げた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請