エンゼルス・大谷、3打席目まで無安打…12戦連続出塁なるか

エンゼルス・大谷(ロイター)
エンゼルス・大谷(ロイター)

◆エンゼルス―レンジャーズ(26日、アナハイム・エンゼルスタジアム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が26日(日本時間27日)、本拠地のレンジャーズ戦に3試合連続「3番・指名打者」でスタメン出場した。

 4点を追う6回先頭。1ボールからの2球目、内角低めのチェンジアップに反応したが、一塁手正面へのゴロに倒れた。3打席目まで安打、出塁ともになく、前日まで続いていたメジャーでは自己最長となる11試合連続出塁の記録更新に黄色信号となった。

 この日のレンジャーズ先発は右腕のA・フラード。昨年8月に敵地で対戦した際には中前適時打、空三振、二ゴロの3打数1安打1打点だった。この試合の1打席目は止めたバットにボールが当たって投ゴロ。2死一、二塁の好機だったが、低めの変化球にバットを当てるのが精いっぱいの力無い中飛に倒れていた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請