【六大学】明大、7点差逆転で5季ぶり40度目V 森下「みんなで一丸になった成果です」

7点差を逆転し、40度目の優勝を決め抱き合う森下(中)ら明大ナイン(カメラ・坂口 愛澄)
7点差を逆転し、40度目の優勝を決め抱き合う森下(中)ら明大ナイン(カメラ・坂口 愛澄)

◆東京六大学野球第7週第2日 明大8―7法大(26日・神宮)

 明大が法大戦で7点差を大逆転し、引き分けを挟む9連勝で令和初となる5季ぶり40度目の優勝を飾った。3回までに0―7とされたが、代打適時打3本などで7回に追いつき、8回に勝ち越し。9回は今秋ドラフト1位候補右腕・森下暢仁(まさと=4年)が締めた。全日本大学野球選手権(6月10~16日・神宮、東京D=報知新聞社後援)に3年ぶり18度目の出場決定。立大は連勝で勝ち点2の4位。最下位の東大は3季連続未勝利でシーズンを終えた。

 空振り三振で両手を広げた森下を目がけ、明大ナインがイノシシのごとく突進した。7点差を大逆転。主将のエース右腕は「みんなで一丸になった成果です」。開幕黒星から9連勝で5季ぶりの栄冠まで突っ走った。

 ひるまず前に進んだ。3回で0―7。善波達也監督(56)は「まず2点取ってこい」と鼓舞した。就任1年目の08年全日本大学選手権。東海大に6―0の5回に一挙16点を奪われ、敗れた。当時の敵将・横井人輝監督の言葉を借りた。4回に1年生の代打・日置航がリーグ戦初打席初安打の左前適時打。2点を返し、波に乗った。7回に代打・公家響が同点中前打。8回2死一塁では、代打・松下且興が左中間フェンス直撃の勝ち越し打を放った。途中出場の4選手が打点を挙げ、試合をひっくり返した。

 30年ぶりのイノシシ印に力が宿った。57年秋に故・島岡吉郎監督の干支(えと)にちなんだワッペンを左袖に採用。島岡御大が亡くなった89年以降は校章だったが、亥(い)年の今春に復活。「猪突(ちょとつ)猛進」のスローガンを掲げ、平成元年以来のワッペンで令和初V。指揮官は「雲の上で御大が喜んでくれると思う」と語った。

 試合前のロッカー室では先輩の中日・柳に「自分たち以来の優勝を」と激励された。ともに16年春秋連覇した森下は「憧れで理想の先輩」と奮い立った。最速155キロ右腕は25日の悔しい9回完投ドローから連投。「最後はいいとこ取りでした」と3人で封じた。「日本一が見えてきた。つかみ取りたい」。81年以来遠ざかる選手権の頂だけを見据え、まい進する。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請