秋田・明桜が2年ぶり14度目の春季県大会優勝…能代に6―3で勝利 

2回2死二、三塁。明桜の加藤主将(左)が二塁から生還し6点目を挙げガッツポーズ
2回2死二、三塁。明桜の加藤主将(左)が二塁から生還し6点目を挙げガッツポーズ

◆春季高校野球秋田県大会 ▽決勝 明桜6―3能代(26日、こまちスタジアム)

 決勝戦が行われた。初回に1点を献上した明桜は、1点を追う2回、4連打を含む打者一巡の猛攻で一挙6点を奪取。粘る能代を振り切って、2年ぶり14度目の春季秋田県大会優勝を果たした。

 捕手で主将の加藤洋平(3年)は「集中力が2回の攻撃につながった。東北大会では優勝を目指して頑張りたい」と話していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請