エンゼルス・大谷が2試合連続「3番・DH」で先発、相手先発は昨季12勝の09年ドラフト1巡目左腕

試合前練習でキャッチボールをした大谷(カメラ・安藤 宏太)
試合前練習でキャッチボールをした大谷(カメラ・安藤 宏太)

◆エンゼルス―レンジャーズ(25日、アナハイム・エンゼルスタジアム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が25日(日本時間26日午前11時7分開始予定)、本拠地のレンジャーズ戦のスタメンに2試合連続「3番・指名打者」で名を連ねた。

 大谷は前日の24日(同25日)の同カードでも先発出場したが3打数無安打。快音は響かなかったが、1打席目に四球を選んでメジャーでは自己最長となる10試合連続出塁を記録した。出場した直近4試合の16打席では1安打のみと当たりは止まりつつあるが、2試合ぶりの安打、5戦ぶりの一発に期待がかかる。

 レンジャーズの先発は左腕のM・マイナー投手(31)。2009年のドラフト1巡目(全体7位)でブレーブスから指名された。これまで3度、2ケタ勝利を挙げた実績があり、昨季も12勝(8敗)。今季は4月16日のエンゼルス戦でメジャー初の完封をマークするなど、ここまで5勝3敗、防御率2・64と安定した成績を残している。 試合前練習では2日連続でキャッチボール。最長130フィート(約40メートル)など計80球を投げた。

試合詳細

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請