GLAYのTERU、左顔面やけどで会見欠席…TAKURO「いても大したこと言う人じゃない」

スポーツ報知
顔面やけどで会見を欠席したTERU

 4人組ロックバンド「GLAY」のボーカル・TERU(47)が左顔面にやけどを負い、25日に都内で開催されたデビュー25周年公約発表会を急きょ欠席した。自宅で会見のネット配信を観賞していたというTERUは書面で「僕の不注意で欠席して申し訳ありません」と謝罪。一方、残りのメンバー3人はTERUのドジっぷりをネタに、笑いに包まれた25周年の記念日となった。

 公式サイトによると、TERUは24日昼頃に熱湯を左顔面に浴びて負傷。25日午前中に診察を受けたが、ドクターストップがかかり、断腸の思いで不参加を決めた。熱湯をかぶった状況や症状などについて、事務所やレコード会社は非公表とした。

 バンドは現在、全国ホールツアー中で、次回は28日に神戸国際会館でライブを予定しているが、司会の徳光和夫さん(78)が「神戸公演にむけて療養中です。感謝を伝える1年にしたいです」とTERUのメッセージを代読した。

 やけどの状況など心配されるが、メンバーは明るく振る舞った。リーダーのTAKURO(48)は「もともと(TERUは)いても大したこと言う人じゃない。この3人がいれば120%伝わる」とあいさつ。「昼食で何かをゆでようとしていたんでしょうか。まさか自分の顔をゆでるとは。そこまでアホと俺も知らなかった」と話し会見場は大爆笑に包まれた。

 会見の生中継を見ていたTERUは「いじられすぎて汗をかいている。お医者さんから汗をかいちゃダメと言われている。これ以上焦って汗をかかせないで」とコメント。TAKUROは「いじってすみません」と一度は頭を下げたが、「今日の会見の打ち上げ代は全部TERUに付けます。TERUさん、ギャラないですよ」といじり倒し、メンバーの仲の良さをアピールした。

 デビュー25周年を迎えたGLAYは「GLAY DEMOCRAY」として7つの公約を宣言していたが、この日は未発表だった3つの公約を解禁した。

 〈1〉今年7月31日フリーライブを行う。開催地は公式サイトで投票を募り、人口比率が多いエリアとなる。また20年には初海外ロングツアーと15年ぶりのドームツアーを敢行する。

 〈2〉20年にデビュー25周年ベストアルバム「REVIEW 2」を発売する。アルバム売り上げ日本歴代3位の488万枚の大ヒットを記録した「REVIEW~BEST OF GLAY~」の続編となる。

 〈3〉18万人動員予定のアリーナツアーの開催(11月~来年1月)。

 盛りだくさんの活動にHISASHI(47)は「25年で今が一番楽しい活動をしている」と生き生きと語った。

 ◆GLAY(グレイ) TERU(ボーカル=47)、TAKURO(ギター=48)、HISASHI(ギター=47)、JIRO(ベース=46)の4人組。1994年に「RAIN」でデビュー。97年「HOWEVER」で大ブレイク。99年7月に幕張で史上最大の20万人ライブを行った。同年の日本レコード大賞を受賞。CDの総売り上げは3800万枚を突破し、日本歴代8位(18年時点)。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×