元十両・栃飛龍が引退…最後は幕下で勝ち越し、今後は配送関係の仕事に

栃飛龍
栃飛龍

 元十両の東幕下34枚目・栃飛龍(32)=春日野=が大相撲夏場所14日目の25日、現役を引退した。日本相撲協会が発表した。栃飛龍は13日目に2場所ぶりの勝ち越しを決めていた。「何年も前から(引退は)考えていた。ずっと(幕下)上位にいたが、そこにも残れなくなってきたので」と決断の理由を説明した。

 首の骨折など度重なるけがにも負けず、2013年春場所に新十両。最高位は西十両7枚目だった。「高校(飛龍高)のときは全国にも出られず、大した成績も残せなかったのに十両へ上がれたのは良かった」と感慨深げ。師匠の春日野親方(元関脇・栃乃和歌)からも「お前みたいのが上がると、みんなも『上がれるんだ』と思えるんだ」と激励されたことがあるという。

 今後は地元の静岡に戻り、配送関係の仕事に就く予定。さらには「ちゃんこを作るのも好きなので、資格などを取って自分でもやってみたいなとも思う」との夢を語り、13年余り立ち続けた土俵に別れを告げた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請