【巨人】田中俊、兄・広輔の三盗で交錯プレー リクエスト検証の間は「お互いアウト、セーフを主張していただけ」

4回1死一、二塁、二塁走者・田中広輔が三盗し、アウトを主張する田中俊太(左)とセーフを主張する田中広輔(右)
4回1死一、二塁、二塁走者・田中広輔が三盗し、アウトを主張する田中俊太(左)とセーフを主張する田中広輔(右)

◆巨人5―7広島(25日・東京D)

 巨人の田中俊太内野手(25)が、兄・広輔と交錯プレーで“共演”した。

 4回1死一、二塁の場面で広輔が三盗を試みた。タイミングはセーフだったが、勢い余り三塁ベースから足が離れ、その間に再度タッチ。一度はアウトの判定もリクエストでセーフとなった。

 検証している間、塁上で何かやり取りをしたかとの問いに「特に何もないですよ。お互いアウト、セーフを主張していただけです」と話した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請