17年ぶりの「智弁対決」は智弁学園に軍配 3本塁打で5点差逆転勝ち

17年ぶりに実現した智弁学園と智弁和歌山の兄弟校対決。攻撃側が智弁和歌山
17年ぶりに実現した智弁学園と智弁和歌山の兄弟校対決。攻撃側が智弁和歌山

 ◆春季近畿大会 ▽1回戦 智弁学園9―7智弁和歌山(25日・佐藤薬品スタジアム)

 近畿大会が開幕し、智弁学園と智弁和歌山の兄弟校対決は“兄”の智弁学園が“弟”を乱打戦の末に破った。

 智弁学園は1―4の5回、代打・西田仁一郎(3年)の左越えソロで1点を返すと、2―6の6回に吉村誠人一塁手(3年)が右中間に満塁本塁打を放った。7回に坂下翔馬遊撃手(3年)の適時二塁打と前川右京左翼手(1年)の右前適時打、代打・白石陸(2年)の右前タイムリーで3点を勝ち越した。

 両校は2002年夏の甲子園3回戦で対戦し、智弁和歌山が7―3で勝利している。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請