【巨人】攻守でミス 原監督「我が軍の不徳の致すところ」

慎吾けん制死戸根サイン間違い炭谷捕逸
慎吾けん制死戸根サイン間違い炭谷捕逸

◆巨人3―8広島(24日・東京ドーム)

 攻守でミスが出た。試合後、原監督は「ちょっとスキを見せたというのは、我が軍の不徳の致すところでしょうね」と振り返った。

 攻撃では5回1死二塁、坂本勇の打席で石川がけん制死。投手の床田が捕手をじっと見て、会沢がミットを動かした瞬間、二塁けん制球を投げるサインプレーだった。「一塁コーチャー(鈴木コーチ)の責任でもある。もう少し注意深くね。(石川が)見えていない部分があるから。本人ももちろんだけど」と原監督。直後に坂本勇がソロも、流れは広島に大きく傾いた。

 守備では7回2死二塁、野間の打席でバッテリーのサインミス。変化球要求の炭谷は、戸根が投じた直球を後逸(記録は捕逸)して2死三塁となった。直後にセーフティーバントの適時内野安打で点差は2点に。指揮官は「戸根もあそこでサインミスをしているようじゃあね」と指摘した。

 先発ヤングマンは4回2死三塁、田中をカウント2―2と追い込んでから暴投で4点目を失った。相手クリーンアップの計4本塁打もあったが、ミス絡みの失点も響いた。「まだまだプレッシャーなんていう言葉は使うに値しない位置ですから。しっかりと教訓とするということでしょう」と原監督。反省を糧にして仕切り直す。(片岡 優帆)

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請