東海大・館沢亨次主将、進路をDeNAに絞る…中距離に専念できる環境整う

東海大・館沢亨次主将
東海大・館沢亨次主将

 今年の箱根駅伝で初優勝した東海大の主将で17、18年日本選手権1500メートル優勝の館沢亨次(4年)が、来春卒業後の進路をDeNAに絞ったことが23日、分かった。複数の実業団チームが興味を示す中で、中距離に専念できる環境が整ったDeNAで競技を続ける意思を固めたようだ。

 日本陸連長距離・マラソン強化戦略プロジェクトの瀬古利彦リーダー(62)が総監督を務めるDeNAは昨年、駅伝から撤退し、選手それぞれが得意種目に集中して取り組むことを表明。館沢は強化方針に共鳴したとみられる。今年の箱根駅伝4区(20・9キロ)でも区間2位と力走し、東海大の初優勝に貢献した。オールラウンドの能力を持つが、最も得意とするのは1500メートル。来季以降、抜群のスピードと勝負強さを武器に中距離ランナーとして世界に挑む。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請