【阪神】今季4度目サヨナラ勝ち 矢野監督が糸原主将を抱擁「全員で勝った試合」

サヨナラ打の糸原(左)を祝福する矢野監督(右)
サヨナラ打の糸原(左)を祝福する矢野監督(右)

◆阪神1×―0ヤクルト(23日・甲子園)

 阪神が9回に糸原健斗内野手(26)の決勝打で1点を勝ち越し、今季4度目のサヨナラ勝ちを決めた。

 0―0で迎えた9回1死から梅野、マルテの四球と北條のヒットで満塁のチャンスを作り、糸原がマクガフの速球を右中間に運んだ。殊勲の主将は「サイコーです。前の北條がつないでくれたんで、絶対に決めてやるという気持ちで打ちました」と振り返った。

 一塁ベンチを飛び出した矢野監督も糸原を抱きしめ、満面の笑み。「本当は楽に勝ちたいですけど。サヨナラ勝ちは気持ちとしては楽しいですね。みんながつないで、よく守って全員で勝った試合かなと思います」と一丸での勝利を喜んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請