【広島】床田、プロ初安打に“秘策”「イメージできてる」 24日G戦で先発

練習を終えて引きあげる広島・床田
練習を終えて引きあげる広島・床田

 広島の床田寛樹投手(24)が23日、プロ初安打を“予告”した。先発予定の24日の巨人戦(東京ドーム)に向けてマツダスタジアムで調整。「最近バットが振れてきたんですよ。あした打つ予定です。イメージできてます」とジョークまじりにプロ3年目の初安打を誓った。

 巨人の先発予定のヤングマンとは3月30日にマツダで対戦して1三振、1四球。三振した打席では、捉えたと思った打球がファウルになったという。「カット気味に沈んできたボールの上を叩いていた。(今回は)思ったポイントより下を打ったらいけるかも」と、ちゃめっ気たっぷりに“秘策”を披露した。

 22日の中日戦(マツダ)で大瀬良が今季初安打を放つのを見て触発された。「わあ打ってもうた、って」。日頃から「大瀬良さんに唯一勝てるものがある。それはバント」と勝手に打撃面でライバル視しているエース右腕に対抗心をメラメラと燃やした。一方で、12日のDeNA戦(マツダ)でプロ初適時打を放ったアドゥワについては「あいつは天才」と張り合うことを諦めている。

 打撃は大好きという若武者左腕。だがプロ通算21打数無安打で、内訳は9三振、ゴロアウトが9、内野フライ(ライナー含む)が3だ。「まだ外野まで飛ばしてないんですよ。せめて外野フライを打ちたいです。走者がいないときは強振しますよ。あ、ホームラン打ったらボールもらえるんですよね?」。まずは“本業”で4月27日のヤクルト戦(神宮)以来の5勝目といきたいところだが…。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請