【オリックス】ドラ2頓宮が1軍再合流 20戦連続一桁安打の貧打線の起爆剤になるか

オリックスのドラフト2位・頓宮が1軍の野手指名練習に合流
オリックスのドラフト2位・頓宮が1軍の野手指名練習に合流

 オリックスのドラフト2位・頓宮裕真内野手(22)=亜大=が23日、大阪・舞洲の球団施設で行われた1軍の野手指名練習に合流した。フリー打撃などで汗を流し、「状態はいいです。やれることをしっかりやりたい」と気合をみなぎらせた。

 開幕5番に座ったが、21試合で打率1割9分4厘、2本塁打、8打点の不振で5月1日に2軍降格。ウエスタンでは13試合で打率2割6分7厘、1本塁打、3打点ながら、前日22日の広島戦(由宇)で3安打1打点の活躍を見せるなど、状態は上向いており、再昇格のチャンスをつかんだ。

 1軍は4月28日の西武戦(京セラD)から一桁安打が20試合続き、「20」の大台に乗るのは阪急時代の1963年に28試合連続を記録して以来、56年ぶりという貧打に苦しむ。将来の大砲候補が救世主になるか。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請