【U―20日本代表】影山監督、W杯前日会見で選手に期待「コパに来い!と言われる活躍を」

5月22日、ポーランド・ビドゴシチスタジアムで記者会見に出席したU-20日本代表の湘南MF斉藤未月(左)、影山雅永監督
5月22日、ポーランド・ビドゴシチスタジアムで記者会見に出席したU-20日本代表の湘南MF斉藤未月(左)、影山雅永監督

 【ビドゴシチ(ポーランド)22日=星野浩司】U―20W杯(23日開幕)に臨むU―20日本代表の影山雅永監督(52)が1次リーグ初戦・エクアドル戦(23日)に向けて公式会見を行った。

 会見場に姿を見せた指揮官はメディア向けに提供された軽食のビスケットをつまみ食いするなどリラックスした表情。いざ会見が始まると「タフなグループなのは分かってますが、こんな楽しみな大会はない。まずはグループステージを突破したい」と力強く目標を掲げた。

 エクアドルは2月のU―20南米選手権で優勝した強豪。同大会得点王に輝いた187センチの長身FWレオナルド・カンパーナ(18)=バルセロナSC=を中心に高い攻撃力を誇る相手に対し、「非常に強いです。彼らの組織、個人としての強みを我々が抑える試合をしないといけない」と警戒した。

 チームの主軸だったMF久保建英(17)=F東京=、鹿島MF安部裕葵(20)らは6月にA代表招集が見込まれ、今回は選外となった。メンバー発表会見で「世界で戦える21人を選んだ」と語っていた影山監督は、「この大会の活躍で終わって『おまえもコパに来い!』と言われるくらいの選手が何人か出てくると、ますますうれしいなと思う」と冗談まじりに大きな期待を寄せた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請