中村獅童「初音ミクと宙乗りしたい」 八月南座超歌舞伎PR

音ミクとの宙乗りを熱望した中村獅童(右)と澤村國矢
音ミクとの宙乗りを熱望した中村獅童(右)と澤村國矢

 歌舞伎俳優の中村獅童(46)が23日、都内で京都・南座の「八月南座超歌舞伎」(8月2~26日)の製作発表に出席した。

 歌舞伎と最新映像技術をコラボレーションさせ、獅童とバーチャルアイドル・初音ミクが共演し、2016年から毎年4月に「ニコニコ超会議」で公演を重ねた超歌舞伎を劇場で初上演する。獅童は日本最古の歴史を持つ南座での公演に「歌舞伎の聖地でもある南座で新しい芝居ができるのをうれしくおもっています」と笑顔。劇場での公演とあって新たな試みも計画しているそうで「希望はいっぱい言ってます。初音ミクさんと宙乗りしたい。今説得しているところで、ご本人の返事待ちです。ミクさんは踊りの稽古を一生懸命なさってるみたい。負けないように勤めたい。8月なのでアツい舞台にしたい」と冗談交じりに語った。

 現在、東京・新宿のライブハウス・新宿FACEでオフシアター歌舞伎「女殺油地獄」(脚本・演出、赤堀雅秋、29日まで)に出演しているが「若い人たちに歌舞伎の魅力を伝えるのが中村獅童の使命。伝統を守りつつ革新を追究するスタイルは貫き通したい。(これまでの公演では)出演者一同、出てる方も感動して最後は涙、涙で燃え尽きた。その感動を再び南座で出来たら」と話した。

 演目は「超歌舞伎のみかた」「お国山三 當世流歌舞伎踊」「今昔饗宴千本桜」。獅童のほか澤村國矢らが出演する。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請