羽生善治九段が歴代最多タイの通算1433勝を目指す一局が始まる ライバルの谷川浩司九段と

谷川浩司九段戦での歴代最多1433勝を目指して第2手を指す羽生善治九段(将棋会館で)
谷川浩司九段戦での歴代最多1433勝を目指して第2手を指す羽生善治九段(将棋会館で)

 将棋の羽生善治九段(48)が歴代最多タイとなる公式戦通算1433勝を目指す第60期王位戦挑戦者決定リーグ白組最終5回戦・谷川浩司九段(57)戦が23日午前、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。

 羽生九段は勝利すると、故・大山康晴十五世名人(1992年死去)の持つ歴代最多勝と並ぶ。さらに、少なくとも白組プレーオフに進出が確定する。タイトル挑戦に近づく意味でも重要な一局となる。

 羽生九段は1985年12月に15歳でデビュー。以降、34年をかけてタイトル99期(歴代1位)、棋戦優勝45回(歴代1位)、史上初の7冠独占(1996年)、史上初の永世7冠(2017年)など数々の記録を樹立した。通算勝利数は残された最後の大記録とも言える。

 谷川九段は少年期からの憧れの棋士で、数々のタイトル戦を戦ってきたライバルでもある。

 運命的な顔合わせとなった一局。先に永世称号を獲得した羽生九段が上座に座る権利を有しているが、対局開始前、谷川九段に対して一瞬、恐縮する場面があった。

社会

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請