小嶺麗奈容疑者、覚醒剤乱用防止CM出演 個人事務所取締役で公私とも田口容疑者とパートナー

いじめ役で注目を集めた小嶺麗奈容疑者
いじめ役で注目を集めた小嶺麗奈容疑者

 自宅で大麻を所持したとして関東信越厚生局麻薬取締部(通称マトリ)は22日午後1時47分、アイドルグループ「KAT―TUN」の元メンバーで会社経営の田口淳之介容疑者(33)と、「3年B組金八先生」でブレイクした女優の小嶺麗奈(れな)容疑者(38)を大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕した。2人は内縁関係とみられ、マトリでは一緒に大麻を所持していたと判断。部屋からは「グラインダー」と呼ばれる大麻を砕く器具も押収された。芸能人カップルの逮捕という異例の事件。両容疑者は24日に送検される見込み。

 熊本生まれの小嶺容疑者は、中1だった94年3月に発売された篠山紀信氏の写真集「少女革命」で、篠山氏が「(フランスの画家)バルデュスの絵画から抜け出したよう」と容姿を絶賛し、95年、石井聰亙(そうご、現・石井岳龍)監督の映画「水の中の八月」に主演し女優デビュー。同年10月からTBS系「3年B組金八先生」で激しいいじめを行うボス役を好演し、一気に注目を集めた。

 96年、中学卒業と同時に上京し、同年のテレビ朝日系「イグアナの娘」でもいじめ役を演じ、高い演技力が評判になった。これと決めたら一直線に進むタイプで、女優業に専念したいと、高校はわずか4か月で中退した。

 その後は映画を中心に活躍。06年には映画「初恋」でヌードにも挑戦したが、07年に田口容疑者との交際が報じられてからは、仕事で話題になることはほとんどなく、12年の映画「ボレロ」を最後に事実上の引退状態に。16年6月に田口が個人事務所を設立すると、翌17年1月には同社の取締役に就任。役員という立場で公私とも田口容疑者と行動をともにしていた。

 実は、98年に公共広告機構(現ACジャパン)の覚醒剤乱用防止キャンペーンのCMに女子高生役で出演。同級生に笑顔でドラッグを勧め、中毒患者にしてしまう悪役を演じたが、皮肉にも20年後に自身が逮捕されてしまった。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請