馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神

【日本ダービー 福永騎手に聞く】史上3人目の連覇へ、ランフォザローゼス「芝で弾むようなら楽しみ」

軽快なフットワークで駆けたランフォザローゼス(手前)は上積み十分
軽快なフットワークで駆けたランフォザローゼス(手前)は上積み十分

◆日本ダービー追い切り(22日・美浦トレセン)

 ワグネリアンに騎乗した昨年、19度目の挑戦で悲願の日本ダービー制覇を果たした福永祐一騎手(42)。史上3人目の連覇が懸かる大一番へ胸の内を語った。

 ―今年は関東馬ランフォザローゼスでの参戦となりました。

 「乗る馬がいてよかった(笑い)。父(キングカメハメハ)、母(ラストグルーヴ)だけでなく(全兄の)リシュブールにも乗っている。オーナーも担当者も仲のいい人だから(依頼は)うれしい」

 ―15日には美浦で1週前追い切りに騎乗。

 「この血統の傾向として、調教はあまり動かない。でも芝で走らせると変わる。(祖母の)エアグルーヴの血統にしかないものを感じる」

 ―前走(青葉賞2着)はどう見ますか?

 「直線でふらふらしていたあたり、まだ万全の状態ではなかったんだと思う。それであれだけ走れるんだから能力がある。タフな流れを経験したことも本番に向けてプラスになるはず。状態も、より良くなるだろうから」

 ―ダービージョッキーになって、楽になった部分はありますか?

 「去年も肩ひじ張っていた訳ではないけど。周りの人に(勝っていないと)言われなくなったぶん、楽にはなったかな」

 ―現時点でどんなレースをイメージしていますか?

 「ずぶくはないけど、速い脚がないから“ヨーイドン”にはしないように。皐月賞組と比べてどうかだけど、芝で弾むようなら楽しみはある」(聞き手・吉村 達)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請