【晴山由梨きょうも釣り日和】マルイカに苦戦も「難しいから面白い」…葉山沖

由梨ちゃんが釣り上げた20センチ級のマルイカ(長三朗丸で)
由梨ちゃんが釣り上げた20センチ級のマルイカ(長三朗丸で)
上がってきたマルイカを慎重に取り込む
上がってきたマルイカを慎重に取り込む

 釣りガールの晴山由梨が、相模湾でマルイカを狙った。葉山・あぶずり港の報知指定・長三朗丸の乗合船で葉山沖へ。「たくさん釣るゾ」とやる気満々の由梨ちゃんに対して、マルイカは魚群探知機に群れの反応が映るものの、スッテには乗ってこない。仕掛けを揺らして、止めて、また揺らす。執念の誘いでなんとかマルイカを釣り上げた由梨ちゃんは「難しいから面白い」とマルイカ釣りの魅力を再認識していた。

 「マルイカが釣れ始めた」という話を聞きつけて、長三朗丸にお邪魔しました。マルイカというと、神出鬼没で一筋縄ではいかない存在。釣り方も誘いやスッテの選択など非常にテクニカルで、多くの釣り人が夢中になる釣りものです。今回はどんな作戦でいこうかな。

 出船前に石垣玄船長に話を聞くと「スッテは3センチか3・5センチの小さめのものがいい」とアドバイスされました。スッテの色はなるべくバラバラになるようにセッティング。この日はスッテ5本の直ブラ仕掛けを使いました。

 寒い時期には、水深100メートル前後の深場にいるマルイカも、今の時期には浅場で狙えるようになります。この日のポイントは、葉山沖水深40メートル前後。なので、手巻きリールにオモリ40号のライトタックルで釣ることができます。

 オモリの着底後、タタキを入れてスッテを揺らし、マルイカにアピール。その後、仕掛けをピタッと止めてイカの触りを見ます。しばらくアタリがなければ巻き落とし。この一連の動きを繰り返しますが、この日のマルイカはご機嫌斜め。スッテに掛かってくれません。石垣船長は「魚群探知機に映る(マルイカの)反応はすごいんだけどなぁ」と言いながら、やる気のあるマルイカを探して、どんどん移動を繰り返します。

 何度目かの流しで、仕掛けを止めた瞬間、竿先にかすかなアタリ。すかさず合わせるとズシッ。竿先に明らかに重みが加わりました。バレないように一定のスピードで糸を巻き取ります。一番上のスッテに15センチ級のマルイカが1杯掛かって上がってきました。何となくコツをつかめたかも♪ 立て続けにもう1杯ゲット。周りでもポツポツ釣れ始めて、ムギイカも交じります。

 そして、終了間際になっていきなりアタリ連発です。この日一番のチャンスタイムがやってきました。気持ちが一気に高ぶりますが、焦りが裏目に出て、アタリはあるのにうまく掛けられない。結局20センチ級を1杯追加しただけで終了となってしまいました。結果私はマルイカ3杯。この日のトップは17杯。うーん、悔しい! でも、この一筋縄ではいかないところが面白くて、くせになっちゃうんですよね。また、リベンジしに行かなくちゃ。(晴山 由梨)

 ◆めも マルイカ釣りの近況、乗合船はあぶずり港長三朗丸(TEL090・3349・4882)。乗合船は午前7時出船。料金は9000円。氷は別売り。駐車場あり。このほか以下の船宿からもマルイカ、ムギイカを狙う船が出る。

 長井港辰丸(TEL046・856・2778)

 片瀬港島きち丸(TEL0466・25・9642)

 茅ケ崎港ちがさき丸(TEL0467・86・1157)

 早川港平安丸(TEL0465・22・0676)

 真鶴港誠いち丸(TEL0465・68・2432)

 古宇港吉田丸(TEL055・942・2565)

 ◆晴山 由梨(はれやま・ゆり) 鳥取市生まれ。広島大学教育学部卒。2013年のフィッシングショーで4代目アングラーズアイドルに選ばれた。「6月30日にキャスティング南柏店で行われるバスフェスタ2019のトークライブにMCとして参加します。ご来店お待ちしております。そのほかのイベント出演などはブログでお知らせしています。チェックしてみてください」

由梨ちゃんが釣り上げた20センチ級のマルイカ(長三朗丸で)
上がってきたマルイカを慎重に取り込む
すべての写真を見る 2枚

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請