【ロッテ】守護神・益田まさかの大乱調…9回2点差から逆転サヨナラ負け

小田はロッテの守護神・益田(右)からサヨナラ安打を放ちガッツポーズ(カメラ・小梶 亮一)
小田はロッテの守護神・益田(右)からサヨナラ安打を放ちガッツポーズ(カメラ・小梶 亮一)

◆オリックス5x―4ロッテ(22日・京セラドーム大阪)

 ロッテは守護神・益田直也投手(29)の乱調で9回サヨナラ負けを喫した。

 ここまで防御率0・95の絶対的な抑えが、まさかの結末を招いた。4―2とリードした場面で登板したが、先頭の小島に四球を与えるなど4四死球を与え2死満塁とピンチを広げた。代打・後藤に2点適時打を許し同点とされると、最後は小田に左前に抜けるサヨナラ打を浴びた。

 井口資仁監督(44)は「コントロールに苦しんでましたね。ウチの抑えなのでしっかりと抑えてもらいたかった。次回しっかり投げてもらいたい」と立て直しを求めた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請