【巨人】高橋、プロ最短4回3失点で降板

4回2死一、二塁、伊藤光に右前適時打を打たれた高橋優貴(右、左は炭谷、カメラ・清水 武)
4回2死一、二塁、伊藤光に右前適時打を打たれた高橋優貴(右、左は炭谷、カメラ・清水 武)

◆巨人―DeNA(22日・東京ドーム)

 巨人のドラフト1位・高橋優貴投手(22)が、プロ入り後最短の4回3失点でマウンドを降りた。

 21日に行われる予定だった茨城・ひたちなかでの登板が雨天中止となり、この日プロ初のスライド登板。初回にソトに先制2ランを浴びると、4回には2死一、三塁から伊藤光に右前適時打を許した。

 この日を含め10失点はすべて本塁打。11失点目で初めてタイムリーを浴びた。試合前まで得点圏被打率が22打数1安打と勝負所で粘りを見せていたが、「全体的に球が高かった。そこを修正できなかった。粘らなければいけないところで、粘りきれなかったです」とコメントした。

試合詳細

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請