木村進さん告別式で内場勝則が涙「倒れてからも見てくれてるんやな」

木村進さんの告別式を終え、思い出を語る内場勝則
木村進さんの告別式を終え、思い出を語る内場勝則

 19日に腎不全のため68歳で死去した吉本新喜劇の元座長・木村進(きむら・すすむ、本名同じ)さんの告別式が22日、大阪・都島区の「コスモール都島」で営まれ、桂文枝(75)、桂小文枝(68)、船場太郎(79)、内場勝則(58)らが参列した。

 文枝は、かつてうめだ花月の舞台で共演した時のことを振り返り「よく芝居を見ていたんですが、何をやっても本当に上手で。『父帰る』という芝居で、(演出の都合で)ミュージカル調でとか、人情物でとか、いろいろ指示が出たんです。私より年下なんですが、そのたびにいろんな父親を演じてくれました」と芸達者な木村さんをしのんだ。

 吉本新喜劇に入団直後に木村さんのもとで教わった内場は「『やめよッカナ』(1989年の吉本新喜劇やめよッカナ?キャンペーン)の時に、(脳内出血で倒れ)もう吉本にはいらっしゃらなかったんですが、うめだ花月の楽屋口にあるピンク電話(公衆電話)に進さんから電話がかかってきて、『リストラみたいやけど、お前はツッコミがええから頑張れよ』と言ってくれた。この人、倒れてからも見てくれてるんやなと」と絶句。「20代で座長になられて、若手がのびのびやれる環境を作ってくれた。それは僕らも引き継いでやってきた」と感謝した。

 斎場の前では、木村さんのファン、参列者約200人が出棺を見守った。喪主の妹・木村龍子さん(67)は「皆様、わざわざ来て下さってありがとうございます」と声を震わせてあいさつした。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請