玉川徹氏、ミスドの元アルバイト男性の不適切動画に「ただの部外者が、中に入って撮影して不衛生に触ったっていう話」

羽鳥慎一
羽鳥慎一

 テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)は22日、ミスタードーナツ門司駅前店(北九州市門司区)で、過去にアルバイトをした男性が調理場に入り、ドーナツを作る器具に触る様子などを動画で撮影していたことを報じた。

 動画はネット配信で生中継され、18日に顧客からの指摘で発覚した後は食材の一部を廃棄し、19日に一時営業を停止して店内を清掃したという。

 今回の問題に同局でコメンテーターの玉川徹氏は「かつて所属していた場所っていうのは、自分がそこにいなくなっても、まだそこに関係しているっていう風に勘違いすることって結構、あると思うんですよ」と指摘。具体的には定年後に会社を訪問することなどを挙げ「それって、もと、いただけでしかなくて、迷惑でしかないわけですよね。でも来ている方は、温かく迎えられるのは相応しいんじゃないのって甘えたり勘違いしたりしている」と指摘した。

 さらに母校の校庭に入ることを例え「完全な不法侵入なんだけど、何となく許されるんじゃないのって」とし「この動画撮影した人もそういう感覚でやったんでしょうね」とコメントした。その上で「今の時点ではまったく関係ないんでただの部外者が、中に入って撮影していろんなもの不衛生に触ったっていう話しかならないっていうのは、もしかすると多くの人、気をつけるべきなのかもしれない」と指摘していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請